炊飯器の種類と選ぶポイント!!

Pocket

日本人の食に欠かせないのがお米。そのお米を炊く炊飯器の選び方でお困りではないですか?今回は、

お米をおいしく炊き上げる為の炊飯器の種類と選ぶポイント

について見ていきましょう。

何人分炊けることが条件か
◆最初のポイント~容量~
炊飯器を選ぶときに、はじめに考えなくてはならないのは容量と設置場所です。容量は次の目安をもとに選んでみてはいかがでしょうか?
1~2人暮らし ⇒   3合
3~5人暮らし ⇒ 3.5合~5.5合
4~6人暮らし ⇒   6合~8.5合
6人以上 ⇒   1升
容量が決まったら、炊飯器の大きさと設置場所の確保を考えましょう。

◆2番目のポイント~炊飯器のタイプ~
では、タイプ別と共にその特徴についてもご紹介しましょう。

・マイコン炊飯器
 ⇒ 炊飯器の底にあるヒーターの熱で炊飯をするタイプ
で値段もお手頃なものが多い。
IH炊飯器   ⇒ IHコイルと呼ばれるもので内釜自体を発熱させる
ことで全体をムラなく熱を伝えるタイプ。
圧力IH炊飯器 ⇒ 圧力鍋のように内釜を密閉することで圧力をあげて
100度以上の高温で炊くことでお米の芯まで熱が
通り短時間でふんわり炊き上がるタイプ。
その他、可変圧力IHという新しいタイプもある。
ガス炊飯器   ⇒ 火力の強い直火で炊くことで、釜戸で炊いたような
おいしいお米を炊けるタイプ。

◆第3のポイント~内釜~
木炭釜    ⇒ 熱伝導性に優れ遠赤効果も高い。
黒厚鉄釜    ⇒ ステンレス内釜よりも大火力。
土鍋釜    ⇒ ジックリ熱を伝えることによってふっくら大きい
ご飯に炊き上がる。
真空かまど釜  ⇒ 厚釜より熱を逃がさず、熱を内部に素早く
伝える。

匠純銅    ⇒ 驚異的なスピードで釜全体を均一に加熱し
お米の中心まで熱を伝える。
鍛造ダイアモンド銀釜 ⇒ 熱伝導率が上がり炊きムラを抑制。

このように、ひとくちに炊飯器といっても、その種類は様々です。
炊きあがったお米の好みも人それぞれ。炊飯器の特徴をおさえて、自分好みの炊飯器に出会えると、きっと今よりもっと満足のいく食卓になるでしょう。